2018年12月02日

模擬試験の実施。

こんにちは。井上塾の井上です。

井上塾では、中学生の皆さんを対象として、
定期的に模擬試験を実施しています。
中学校1・2年生はフクト、
中学校3年生では県模試、と呼ばれる試験を行っています。

フクトは、福岡県の地域ごとの高校を
会場として行われていることで有名ですが、
井上塾でもこちらの試験を実施しています。
受験人数が多く、問題のつくりもしっかりしていて、
的確に現在の学力状況を把握することができるのが魅力です。

県模試は福岡県の受験実態に特化した模擬試験です。
福岡県の県立高校入試の形式を下敷きにしつつ、
私立入試にも対応できる試験内容で構成されており、
こちらも信頼度が高い模擬試験です。


模擬試験を受けたことがある生徒さんは多いと思いますが、
受験後も是非受けっぱなしにせず、
一度問題を解きなおしてみましょう。
受験後に模範解答も渡されるはずですから、
答え合わせも可能です。
そして自分がどういうところで躓いたのか、
間違えやすい箇所や"クセ"は何か、
客観的に把握するように努めることが大切です。

客観的な視点は、
結果が返ってきた時も重要です。
高校の入学確度が
(よく"A"とか"C"とか"可能圏"とか書かれています)
気になるのはよくわかりますが、
それだけではなく、
自分の答案でどういうところを間違えていたかを
見直し、意識して、次回へつなげましょう。


つい先日も試験を実施したのですが、
模擬試験といえども、皆さん表情は真剣。
(本当は後ろから写真を撮って掲載し、
その雰囲気を見ていただきたかったのですが、
皆に了解を取り忘れていたので断念しました)
特に中学3年生はもうまもなく受験です。
その度合いはさらに高まっています。

今回の模擬試験も、
生徒の皆さんそれぞれの目標実現の
道標となることを願っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

posted by Inojuku's Weblog at 04:29| Comment(0) | 講師のつぶやき