2019年06月23日

英文を作る時の簡単な考え方講座A-1 [〜を]

皆様こんにちは。井上塾の井上です。


先日、英文を作成する際の考え方("主語と述語"での捉え方)を
ご紹介しましたが、今日はその続きです。


今回から、

「主語・述語の後への文章の続け方」

についてご紹介していこうと思います。


これも実はとっても簡単。

英文の続き方には5つのパターンがあるので、
それに沿ってしまえばよいのです。


今日ご紹介するのは、

[1]主語 + 述語 + [〜を(目的語)]

です。


目的語とは、

[〜を]

に当たる言葉です。

例えば、このような感じです。

He speaks English.
(彼は英語を話す)

この文の目的語は、

「English=英語を」

の部分ですね。


もう一つ例を出してみましょう。

We practice soccer very hard.
(私たちは一生懸命サッカーを練習します)

この文の目的語は、

「soccer=サッカーを」

の部分ですね。


ちょっと話がそれますが…
この文章の場合は、
very hard=一生懸命」という言葉がついています。
これは修飾語です。
ところでこの単語、
どの言葉を修飾しているか皆さんにはわかりますか?

修飾語の修飾先を考えるときは、

「修飾語と修飾先と思われる単語を並べて読む」

とわかりやすいです!!


以下のうち、どれが一番自然でしょうか??

「一生懸命私たちは」

「一生懸命練習する」

「一生懸命サッカーを」



どうでしょうか?

これらの場合、2番目のものが一番自然ではないでしょうか。


これで、「一生懸命」という言葉は

「練習している=述語(動詞)」

の修飾語であることが判明しました!!


動詞(や形容詞)を修飾する言葉を

「副詞」

と言います。

副詞はいくつか種類があるのですが、

動詞を修飾する副詞は、文末に置くことが多い

です。

(なお、回数・頻度を表す副詞は「一般動詞の前・Be動詞の後」
だったりするので、ここが少し複雑なのが困りものですが…)

動詞にかかる(動詞を修飾する)副詞はとりあえず文末

と思っておきましょう。


副詞の話が長くなってしまいましたが、
今日ご紹介したのは、

主語 + 述語 + [〜を(目的語)]

の形と、

動詞にかかる(動詞を修飾する)副詞はとりあえず文末

というお話でした。


最後にいくつか、ちょっとした問題を載せておきますね。
(まだ説明していない内容も含まれています)
良ければチャレンジしてみてください。

(1)彼らは上手にフランス語を書く。
(2)私の妹は昨日時計を買った。
(3)彼女は彼を知っているのですか?
(4)((3)への回答)いいえ。彼女は彼に会ったことが一度もありません。


(1)They write French well.
(2)My sister bought a watch yesterday.
(3)Does she know him?
(4)No, she does not. She has never met him.

posted by Inojuku's Weblog at 07:16| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: