2019年07月12日

まずはケアレスミスを減らして、点数アップを目指しましょう!!

皆さんこんにちは。井上塾の井上です。
最近、急に蒸し暑さが増して、
突然本格的な夏がやってきたという感じがしますね。


さて、夏休みがやってくると、中学3年生の皆さんは、
いよいよ受験への準備が本格化してきます。
そこで考えなければならないのが、苦手教科への対策
(もちろん、中学1・2年の生徒さんも同じですね)

一言で苦手と言っても、その内実には色々とありますね。

嫌いではないけれども
なかなか成績が上がらない。


元々好きではないから
手を付けたくない!


など。


さて、皆さんは例えば試験問題の解答用紙が返却されてきたときに、
自分の答案の見直しをじっくり行っていますか?

模範解答と見比べて、
間違っている部分だけの答えを丸写しにして終了!


ということはないでしょうか。

かくいう私、井上もその一人でした。


しかし、塾を営むようになり、
皆さんの答案を分析するようになって判ったのが、

実は結構な割合でケアレス(うっかり)ミスが多い

ことです。


英語で言えば、

せっかく単語は書けているのに、
三人称単数現在形の欠けて"s"が無い


単に過去形にするのを忘れている

などなど。


このミスが無かったら? と想定して点数を足してみると…
実に10点近く上がってしまう生徒さんもいました。

60点満点のテストですから、その割合は実に全体の6分の1
100点満点換算なら16点強くらい。

例えば55点なら71,2点まで上がるとなると、
かなり大きいと思いませんか??

理解していないから点数が伸びない、のではなく、

理解はおおむね問題ないのに、
細かいミスで点数を逃してしまう場合がある。


これは大変にもったいない


理解できているはずの部分で点数を落としてしまうのですから、
解っているはずなのに点数が伸びない。なんで??
普通、気持ちは落ち込むものです。嫌にもなります。

そこでぜひ皆さんには、

答案が返ってきた後のケアレスミスが
なかったかをしっかり見てほしい


のです。

・計算間違い
・単語のsの付け忘れ
・記号で答えるべきところを言葉で答えていた


などなど…。

点数が原因が理解不足だけではなく、
ケアレスミスによるものもあるとすれば、
ぜひ、次回はその部分に気を遣ってみてください

もしかしたら、自分で苦手と思っていても、
その間違いの多くは単なるうっかりミスだった!
ということもあるかもしれませんよ♪


---


井上塾では、まだまだ

「2019年夏季講習会受講生」

を募集中です!!!

詳細は下のリンクからご覧ください。

【2019年夏季講習会受講生募集チラシ】


【これまで勉強した内容を
 しっかりやり直したい生徒さんに!】


当塾の夏季講習では、

これまでの学習内容を復習しながら
問題演習を行っていくこと


を重視しています!

以前学んだことで
あまりor全然覚えてないところがある…


と不安を覚えている方も、

もう一度その部分を復習

して、
万全の態勢で2学期(前期後半)以降に臨みましょう!!


【お知らせ】

夏季講習をお考え中のお客様で、夏休みに

・受講する時間を加減したい
・授業のスケジュールで相談が…


というお客様。


御予定や御都合、もしくは生徒様の体調などを考慮した
スケジュール調整も行っております!
(時間数を削減する場合は、
該当分の夏季講習費は差し引かせていただきます)

どうぞお気軽にご相談下さい!




今回の講習会につきましては、


「当チラシをご持参いただく」

「スマートフォンなどで
 チラシ画面をお見せいただく」

「チラシをご覧になった旨を
 口頭でお伝えいただく」



と…


『新規お申し込みの方は10%OFF!
※夏季講習のみ(教材費を除く)

『グループで同時に新規お申し込みの方15%OFF!
※おひとり様当たり15%OFF 
※グループ=2人以上で同時お申込み
※夏季講習のみ(教材費を除く)

『ご家族(別・同学年問わず)で
 同時に新規お申込みの方15%OFF!

※おひとり様当たり15%OFF 
※グループ=2人以上で同時お申込み
※夏季講習のみ(教材費を除く)
 夏季講習以降も継続してご在塾の場合は10%OFF
 (おひとり様当たり・ご家族の同時在塾時に限ります)

とさせていただいております!

ぜひ参加をご検討ください!!


ご連絡先はこちらです。お気軽にお問い合わせください!

 ・TEL(代表): 092-923-7897
 ・TEL(お問い合わせ専用):070-3641-1622
 ・メール: inojuku.inquity@gmail.com
 ・お問い合わせフォーム:こちら から。
posted by Inojuku's Weblog at 09:04| Comment(0) | 講師のつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: