2022年03月17日

福岡県公立高校入試の結果が発表されました。

皆さん、こんにちは。
井上塾の井上です。


昨日、福岡県公立高校入試の
結果が発表されました。


試験結果というものは、本当に悲喜交々です。
喜びの声がある一方で、
残念な結果となり、悔しさに涙する方も
いらっしゃると思います。
私共も、その双方の場面に
これまで多く立ち会って参りました。


合格できればそれが最良であることは、
基本的に論を俟ちません。誰でも志望校に合格したい。
それは当然のことです。
しかし、特に定員以上の人数を合格としない公立高校の場合、
倍率が1を超えた瞬間から必ず、
望ましくない結果に涙する方が出ていらっしゃいます。
大変残酷ですが、それが入学試験の避けられない一面です。
私も、入学試験で失敗した経験があります。
ですから、その悔しさというものを
かつて嫌というほど実感しました。


そうした経験を活かして、無駄にはならないから、
そういう言葉が良く聞かれます。

個人的にもそれは確かだと思いますし、
何も、その試験で人生の全てが決まるわけではありません。

しかし、望まない結果を手にしてすぐ、
そんな言葉を掛けられても納得できない。
こんなに頑張ったのに。努力したのに。
その遣る瀬無い気持ち、ほかにぶつけようがない気持ちを
抱えて苦悩することになる。
それは自然な事だと思うのです。


時薬、日にち薬という言葉があります。
時間が解決してくれる、という意味です。

一見、投げやりな考え方に見えるかもしれません。
しかし、時間が経って、それとともに
様々な経験を積み重ねるようになれば、
ものの見方も変化していくのはまた自然なことです。
そうした中で、試験の挫折の持つ意味合いが
次第に変わっていくかもしれません。

ですから、
まずは、その悔しさや情けなさ、
遣る瀬無さに思い切り涙して、
時には人の所為にもしてしまったりしながら、
その状況と気持ちを受け入れて良いのだと思います。


その悔しさや気持ちは、
皆さんが本当に努力してきた証左です。
それだけは確かです。


結果如何に関わらず、
入試まで必死に努力を重ねていらっしゃった皆さん。
本当にお疲れ様でした。

これからの新しい高校生活に、
どうか明るい日々が訪れますことを
心よりお祈り申し上げます。

posted by Inojuku's Weblog at 09:54| Comment(0) | 講師のつぶやき

2022年02月08日

努力が咲いた、或る生徒さんのお話。

皆さんこんにちは。井上塾の井上です。



先日、私立一般入試が終了し、
すべての生徒様の結果が出揃いました。
いずれの生徒様におかれましても、
努力が見事に結晶した、
素晴らしい結果
となっています。
(後日、当塾のウェブサイトでも結果をお知らせいたします)

いずれの生徒様も地道な努力を続け、
今回の結果を手にされました。
その過程に少しでも関わりを頂けたことに、
まずは心から感謝を申し上げます次第です。


さて、そんな中、中学3年生の或る生徒様が、
とある私立高校の特進クラスに合格されました。

この生徒様は、去年の冬初めの段階で、
模試による偏差値判定は30台前半でした。
元々ご本人様にはそこまで
偏差値の数字が高い学校へ行くつもりはなく、
部活の特待生を活用した進学を予定されていました。

しかしご心境の変化があり、
今のご自身の偏差値よりもはるかに高い高校を見据え、
猛然と(という表現が相応しいでしょう)学習を始めました。
とにかく、"がむしゃら"。
平日は6時間、休日は12時間勉強すると宣言して、
多少のぶれはあれども、実際にそれを実行されていました。

正直、勉強に取り組み始めた時期が時期でしたので、
間に合うかどうか私としては心配だったのですが、
それはご本人様が一番感じていたことだったでしょう。
しかし、それでも、そうした努力を直向きに続けたこと、
これだけでも既に手放しで称賛すべきことだと思います。


そして、今回、その努力が花開く形で、
見事、偏差値50を超える特進クラスへの合格を手にされました。


生徒様ご本人から合格通知書を見せていただいた時の感動は
とても、私の凡庸な言葉では言い表せません。
積み重ねが素晴らしい形で実ったことを、
心から喜ぶ気持ちでいっぱいです。


生徒様ご本人はその結果を喜びつつも、
それに甘んじることなく、
昨日も真剣に勉強に取り組んでいました。
生徒様の目指す、ある公立高校は、更に上の偏差値。
更なる高みを目指して、努力を続けていらっしゃいます。


私共講師一同、この生徒様も含めて、
今後とも生徒の皆様の学習に少しでも役立てるよう、
力を尽くしてまいりたいと考えております。


・ ・ ・


当塾では、現在、
新規にご入塾いただける生徒様を募集中です!

新中学1年生(小学6年生)、中学1年生、中学2年生、
小学生、高校生
の生徒様で、

勉強の進め方が分からない、
大型塾の雰囲気が苦手…、
静かな環境、自分のペースで勉強したい、

そうした生徒様は、
ぜひ当塾へお問い合わせください。

当塾は集団授業個別授業の二本柱。
生徒様それぞれに最適な形で、
皆様の学習をサポートしております。


お問い合わせ先はこちら。
体験入塾や授業内容のお問い合わせなど、
どうぞお気軽にご連絡ください。

・お問い合わせ電話番号:070-3641-1622(LINE有) /
 092-923-7897

・お問い合わせメール:inojuku.inquity@gmail.com
・お問い合わせフォーム:こちら から。

posted by Inojuku's Weblog at 08:57| Comment(0) | 講師のつぶやき

2021年11月14日

日々、コツコツと頑張るということ。

こんにちは。
井上塾の井上です。

またもや、前回の投稿から
随分と時間が経ってしまいました。
申し訳ございません。



最近、当塾の生徒様、
特に中学3年生を中心に、授業時間外にも
勉強を頑張っていらっしゃる光景を見かけることが
多くなりました。

特に、先日迄は中間考査があったこともあり、
多くの生徒様が自習ブースでの学習に
取り組まれておりました。

実際、そうした生徒様の多くは、
上がり具合に個人差はあるものの、
成績が向上する傾向が見られます。

「勉強の仕方が判らない」

という生徒様は多くいらっしゃいますが、

「まずは問題に向かい、解き、
 間違った箇所は解説を読んだり、
 講師に質問をしたりして解決し、
 再度解きなおしてみる。
 そして何度も問題を繰り返してみる」


という旨をお伝えし、
それを実践してくださった生徒様は、
その過程の中で次第に
自分に合った学習方法を"発見"
もしくは"開発"されていきます。


机に向かって解いてみるという行動が、
学習方法の発見、開発に繋がり、
そしてそれが習慣化していく。
そうすれば、もう怖いものはありません。
学習を進めれば進めるほど、
その手腕は洗練されていく筈です。


今、ある生徒様で、
大変学習をがんばっておられる方が
いらっしゃいます。
何と、

「休日は1日12時間を
 目指して勉強する!」


と宣言されています。
そして実際に、
宣言するだけの学習をしていらっしゃる。

この生徒様が目指す高校は、
大変に高い目標です。
チャレンジング、と
形容しても良いかと思います。

でも、件の生徒様なら、
見事実現されるかもしれない。
そんな思いでおります。


私達講師一同、
その生徒様を含め、
全ての生徒様の頑張りを
全力で支えていく所存
です。


・・・


現在、当塾では引き続き、
当塾で勉強に取り組まれる生徒様を募集中です!
(なお、個別授業では授業枠数の残数が
僅少となっておりますため、
お問い合わせいただいた際に
授業可能な時間帯を詳しくお伝えいたします)

個人塾、小規模塾ならではの
穏やかな雰囲気の中で、
周りの人々と切磋琢磨しながら、
或いは自分のペースで一歩一歩、
学習を進めてみませんか?

なお、体験授業はいつでも受付中!
4回受けていただける授業の中で、
じっくり見極めていただく事が可能です。

是非、下記より
お気軽にお問い合わせくださいませ。
ちょっとしたご質問も大歓迎です!!


・お問い合わせ電話番号:070-3641-1622(LINE有) /
 092-923-7897

・お問い合わせメール:inojuku.inquity@gmail.com
・お問い合わせフォーム:こちら から。



posted by Inojuku's Weblog at 09:57| Comment(0) | 講師のつぶやき